サービスアパートメントの賃貸物件について

ホームへ戻る >  歯医者の過剰問題  > サービスアパートメントの賃貸物件について

時代の変化、あるいはニーズの多様化はさまざまなスタイルの賃貸物件を登場させました。空室率の増加、賃貸志向の高まり、あるいは高齢化社会の到来。オーナーは入居者を確保するためにさまざまなサービスやシステムを導入しています。そんななか、今後普及が期待されているのがサービスアパートメントです。


サービスアパートメントとは、もともと家具がついている上にフロントサービスも提供されている賃貸物件のことです。マンスリーマンション、さらにはホテルなどとほとんど変わらない環境で生活を送ることができる点が最大の特徴となっています。ホテルとの違いといえばキッチンがついていること、マンスリーマンションの違いとしては契約期間が長期に及ぶ点が挙げられます。ただ物件によっては1ヵ月単位で契約することができる場合もあり、その場合は限りなくマンスリーマンションに近くなります。なお、敷金・礼金はどちらもかかりません。

設備の充実もサービスアパートメントの魅力です。フロントサービスのほか、クリーニングやハウスキーピングサービス、さらには朝食サービスをつけているところもあります。さらに近くに手軽に利用できるフィットネス、ジムなどが併設されている場合もあります。


なぜこのような物件が増えているのでしょうか。賃貸志向の高まり、家を買わないかわりに借りた家で贅沢したいといった入居者の心境の変化、さらにはオフィス用の物件の空室が増えていることから、サービスアパートメントへの鞍替えを行うケースなどが要因として挙げられます。ちょっと贅沢に、他の賃貸物件とは異なる暮らし。物件探しの際には選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。