歯医者の過剰問題

ホームへ戻る > 歯医者の過剰問題

子供がいる家庭でのウォーターサーバー
注文住宅を建てる費用 2
注文住宅を建てる費用 かかる費用の種類
サービスアパートメントの賃貸物件について
料理をする時のお水は?

歯科業界では長らく歯医者の過剰問題が指摘されています。1年間に卒業する医学部の数が8000人程度であるのに対し、歯学部だけで3000人程度の学生が卒業している状況です。そのため歯医者の数が過剰気味となっており、さまざまな問題をもたらしているのです。


ひとつは雇用環境の不安定化。数が過剰気味になれば職場を見つけられないケースが出てきます。また求人でも待遇面が悪くなり、せっかく歯科医師の資格を取得したにも関わらず、薄給で生活しなければならない場合も少なくありません。また複数の歯科医院を掛け持ちで診察する不安定な雇用環境を余儀なくされるケースも増えています。

もうひとつの問題が歯医者同士の格差。歯科医師の平均年収は740万円程度といわれています。この数字だけで見ればかなり高い水準にあるわけですが、その内訳を見ると驚くほどの格差が見られます。じつに4人に1人は年収200万円以下と言われているのです。さらに20人に1人は収入がほとんどない状況とも言われています。一方で人気の高い歯科医院では年収数千万円を稼ぐ歯医者も存在しており、格差の拡大が大きな問題となっているのです。


この過剰問題はわたしたちの日常生活にも大きな影響をもたらします。患者を獲得しやすい都心部に歯科医院が集中して地方では不足してしまう、あるいは高価な自費診療ばかりを勧めてくる歯科医院が増えるなどの問題です。これが信頼できる歯科医院選びの重要性を高めている要因ともなっています。この問題がわたしたち患者にとってよい方向で解決に進んでいくことを期待したいものです。