目立たない矯正は痛みがすくない

ホームへ戻る >  子犬のしつけ(トイレやハウスなど)  > 目立たない矯正は痛みがすくない

目立たない矯正の中でも、マウスピース矯正は、矯正の痛みが少ない方法だといえます。もちろん歯列矯正という治療をするには、根っこのある歯を動かして、移動させたり角度を変えたりするわけですから、痛みをまったく感じないということはありえないでしょう。歯並び状態が悪い場合は、抜歯した後に矯正を始めることもあります。麻酔をするとはいえ、痛くないわけがありません。また、歯と歯の隙間を広げたり、歯の位置を移動させたりしますので、特に治療後数日間は痛むことがあります。固いものをかみ締めるのはつらいですね。

目立たない矯正でやりたいと思って裏側矯正で治療すると、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着することになります。常に装置が舌に触れて気になったり、ブラケットやワイヤーが当たることで口内炎が生じてしまうこともあります。


それにくらべて、目立たない矯正のなかでもマウスピース矯正にすると、痛みが軽減される例が多いのです。それでも強制的に歯の位置を移動させて、元に戻らないように押さえつけるわけですから、違和感や痛みがないわけではありません。また、マウスピース矯正の場合は症状の重い方には向いていないので、抜歯をしたり矯正範囲が大きい場合などはほかの治療法を検討しなければなりません。


抜歯をする際は、やはりそれなりの痛みを覚悟しましょう。そんな経験をするとわかっていても歯列矯正をするのは、きれいな歯並びをした自分と鏡の中で出会うそのときを楽しみにしているからでしょう。