工務店での家づくり

ホームへ戻る >  子犬のしつけ(トイレやハウスなど)  > 工務店での家づくり

中小工務店で住居建築を頼む場合でも、大手ハウスメーカーなどで新居を建てる場合でも、基本的な「プラン提案」→「見積もり」→「契約」→「着工」→「施工」→「竣工・引渡し」という流れは変わりません。しかし、中小工務店で頼む場合には、独特の違いがいくつか存在します。


まず、最初のプラン策定の部分ですが、一般的な工務店の場合、余りはっきりした分かりやすいプランが出てこないことも多いようです。もちろん、設計等はしっかりしてあるのですが、それを分かりやすくプレゼンすることにあまり注力しないという方が正しいかも知れません。むしろ、お互いの顔合わせ、この先協力して家づくりをやっていけそうかの相性判断ぐらいに考えたほうが良いかも知れません。勿論、しっかりしたプラン提案をしてくれるところもあります。

見積もりですが、これはプラン提案時にかなりはっきりした見積が出てくる傾向があるようです。これは、大手と違って見積専門スタッフや営業担当が居るわけではなく、細かい修正や見積もりのし直しに時間がかかることから、初めから細かい見積もりを出してしまうことが多いようです。細々変えてそのたびに見積もりを取るということができませんので、打ち合わせの中では「何となくの見積もり予想」で協議をしていく部分が多くなることを頭に入れておきましょう。詳細な最初の見積もり→協議中で変更が出て概算の見積もり→契約前の最終見積といった流れになることが多いようです。