子犬のしつけ(トイレやハウスなど)

ホームへ戻る > 子犬のしつけ(トイレやハウスなど)

工務店での家づくり
家を建てるハウスメーカー
BBクリームをもっと綺麗に塗るコツ
目立たない矯正は痛みがすくない
顎関節症治療のマウスピースとは

子犬のしつけでまず始めたいのが、トイレを覚えさせることです。室内犬の子犬だと排泄回数が多いので、トイレはゲージの中に入れ、まずトイレで排泄させて臭いを付けます。自分の尿の臭いがすれば、トイレだと認識しやすくなります。後は寝起きや食後などに排泄しやすい時に、トイレに連れて行くようにしますが、床の臭いを嗅いだりその場で回るようなしぐさは、排泄のシグナルとなるので気をつけましょう。


トイレが上手くいったら、思いっきり褒めてあげると子犬は喜び、次第に粗相しなくなります。また、失敗した場面を見ていた時にのみ「イケナイ」と、その場所に鼻先を当てて叱るようにしますが、あんまり頻繁に叱ると排泄自体悪い行為だと思い込み、見えないところに排泄するようになるので気をつけましょう。またトイレ以外の場所で排泄したら、臭いが残っていると子犬がトイレだと勘違いするので、臭いを残さないようにキレイに掃除しましょう。

そして、ハウスのしつけは、まずしばらくハウス中心に生活にし、遊んだり散歩で外に出してからハウスに戻す際に「ハウス」と号令をかけて、中に入れます。嫌がっても始めは押し込むように入れますが、次第に慣れてくるので続けましょう。そして、上手く入れたら思いっきり褒めてあげましょう。


そして、食事の前にはお尻を軽く叩いて「スワレ」と号令をかけたり、手で制止するように「マテ」と号令をかけて、お座りや待てのしつけも行いましょう。始めはうまくいかないないですが、徐々に時間を長くして上手くできたら食事を与えるようにして慣れさせましょう。