タッチパネルの活用事例

ホームへ戻る >  歯科治療費の目安金額  > タッチパネルの活用事例

タッチパネルは、スマートフォンに採用されたことで、その機能性や操作性への評価がさらに高まっています。しかし、最初の登場以来、すでにわたしたちの生活の中に深く浸透しており、様々な場面でタッチパネルを利用していることが多いのです。その代表的な例が、駅に置いてある切符の券売機でしょう。今では当たり前のように使っている券売機ですが、タッチパネルを採用したことにより、複雑な操作も簡単にできるようになりました。切符を買うだけではなく、電子マネーのチャージまで1台の券売機ですることができますし、画面の表示も英語などの外国語表記に変更することも可能なのです。


また、コピー機なども使用する機会が多いものではないでしょうか。それまではたくさんの指示ボタンがあって、拡大縮小などのオプションを利用するときに失敗した経験のある人もいるはずです。しかしタッチパネル方式を採用したことで、画面に表示されているとおりにボタン操作を行っていくだけで、簡単にオプション操作もできるようになったのです。

他にも導入事例を見ていくと、観光地や駅の案内板を大型の情報端末化したことで、ただ周辺地図が表示されているだけでなく、観光案内の窓口と同様にたくさんの周辺情報を引き出せるようになりました。また、病院や会社の受付にも採用されており、診察の予約や面会の受付などの業務に人員をさかなくても済むようになっています。不動産情報の呼び出しや、ホテルの空き室状況の確認などにもタッチパネルの端末が取り入れられて、人を介さずに簡単に必要な情報を手に入れることができるようになったのです。