歯科医師不足の地方都市

ホームへ戻る >  親子で住宅ローンを組む  > 歯科医師不足の地方都市

東京都では歯科医師過剰問題という、歯の問題を抱えて受診する患者の需要に対して、医療を提供する歯科医が余っているという問題が起きているということがニュースになりましたが、埼玉県でも同じような問題が起きています。とくに、埼玉県さいたま市は歯科が多いと言われていて、さいたま市北区・大宮区では廃業する歯科もみられました。しかし、歯科医師過剰問題は全国的に当たり前に見られる問題ではなく、地方では歯科医師が不足しているという反対の問題も起きています。特に北海道が一番深刻となっています。これらは地方出身者が都市部の大学を出て、国家試験に合格したものの、地方に戻ることなくそのまま都市部にて開業することが多いためです。

歯科は設備投資など開業の際にかかる費用が高いために、地方では患者不足となった場合にその設備が無駄になってしまうというリスクがあることも原因と考えられます。東京都やさいたま市などで、過剰になっている歯科医が地方の不足している地域にて開業すれば、都市部と地方のバランスが保てるのではないのでしょうか。広島県では、過疎地ではなくても過半数の市町村に歯科のない地区があることが統計上明らかになっています。