独特な地形の長崎県の一戸建て

ホームへ戻る >  親子で住宅ローンを組む  > 独特な地形の長崎県の一戸建て

長崎といえば地形がかなり独特です。面積は北海道と比べると20分の1という狭さです。その割には、リアス四季海岸が複雑に入り組んで海岸線を作っていて、海岸線が非常に長くなっています。海岸線からの距離にして15km以上ある地点は無いそうです。そういう意味では長崎の多くの家がシーサイドということになります。

長崎は海岸線のそばまで山がせり出しているところも多く、住宅の建てられる、建て易い平地自体が非常に少ないわけです。そのため一戸建て住宅を建てる際の基本的な理想条件を言っている場合ではないようです。長崎は地震の少ないことをいいことに、他では考えられないような土地に一戸建てのうちが建っていたりすることがあります。川べりに半分川の上に乗っている?と思われるような心もとない支えの上に家が建っていたりするのです。山の斜面も容赦なく家を建ててしまいます。坂の途中にも支えさえつければいくらでも建てられるということでしょうか。狭い土地に上手に家を建てるためには、注文住宅で一戸建てを建てる方も多いのでしょうか。設計士も腕の振るい甲斐があるというものかもしれません。いかに、効率良く、細い土地、変わった土地にいい家を建てられるか、自由な発想が求められます。