親子で住宅ローンを組む

ホームへ戻る > 親子で住宅ローンを組む

独特な地形の長崎県の一戸建て
夜遅くに歯周病治療できる歯科
虫歯特有の黄ばんだ歯
都心で審美歯科に通う
歯科医師不足の地方都市

注文住宅という言葉を最近良く聞きます。私の子供のころはなかったような気がします。注文住宅とは、その名の通り、自分の好きなようにオーダーして造れる家のことです。と言うことはつまり、昔、大工さんなどに作ってもらっていた家のことを注文住宅と言い、大手住宅メーカーで見られるようなモデルルームと同じ家はそれに該当しないのかな??なんて考えました。徳島県に住んでいる私の親戚は、注文住宅の家を建てました。親戚や友人を集めてのお披露目会では、その豪華さにびっくりし、やはりどれくらいお金がかかったのだろうか・・・とそこばかり気になってしまいました。客観的に見れば、うらやましい限りの立派な家だったのですが、そこに行くつくまで、家族内ではいろいろな問題があったと話をしていました。関東の人にとって徳島県は、観光地として有名だと思いますが、徳島市からちょっと離れるだけで、もう田園風景が広がっていたりします。

その立地で、瓦屋根のずっしりとした重みのある和風建築にするのか、デザイン性重視の家にするのか、家族会議を開いて何度も何度も言い争ったとの事でした。父親と息子で住宅ローンを組み、支払いを行っていくため、どちらにも口を出す権利はあるわけです。我が家もそろそろ建て替えを・・・と思っていますが、旦那の親との同居でもめることが予想されるので、新しい家への期待とは裏腹に精神的なエネルギーも蓄えておかないと・・・と感じています。