日本三景のある地域に住む

ホームへ戻る >  中古マンションは価格が安い  > 日本三景のある地域に住む

宮城県は東北最大の大都市で、県庁所在地は仙台市、人口約230万人の県です。宮城県の気候は、夏は酷暑が少なく、冬の降雪量は東北の中では少ないので、比較的過ごしやすいです。気候区分は北部が太平洋側気候三陸型気候、南部が同関東型気候に属します。気候の特徴は東部が海洋性気候、西部が内陸性気候で、西部の豪雪地帯は日本海側気候に属します。県の太平洋沿岸部から奥羽山脈のふもとにかけて広大な平野部が広がり、ササニシキやひとめぼれなどの稲作中心の農業が行われており、米どころとして有名です。また、気仙沼漁港、石巻漁港、塩釜漁港があり、漁業もさかんです。

また、松尾芭蕉の句で有名な松島は日本三景にも選ばれており、あまりにも有名で、年間を通して観光客が多いのも特徴です。宮城県では、県産木材の消費拡大と県内の経済活動活性化を図るため、宮城県内で生産された木材を使用した住宅を新築する方に対し、木材費用の一部を助成する制度を設け、木造新築住宅の建設促進に力を入れています。また、東北地方の中では新築マンションの物件数が多いのも特徴です。価格帯は東方地方の他の県よりも高く、仙台市の青葉区にあるマンションでは、億ションにもなる程です。