農業の盛んな観光名所で建てる家

ホームへ戻る >  中古マンションは価格が安い  > 農業の盛んな観光名所で建てる家

農業の盛んな観光名所で建てる家静岡県は中部地方の南東部の太平洋岸に位置する県です。伊豆、駿河、遠江の3国から成り立っていて、この県は日本一の山である富士山があることでも知られていますが、東京と、名古屋の通過点に当たることから、東海道山陽新幹線も通っています。しかし県内の交通は現在でも南北方向への移動が不便な状況となっています。人口は東海道沿線に集中していて、増加率も高くなっていますが、伊豆や北部の山間部では減少傾向となっています。静岡市の気候は温暖で多雨の東海気候型でみかんや茶などの暖地性植物の栽培の条件を備えています。しかし県の面積が広く、山地もあるため気候に地域差があるのも事実です。遠州灘沿いでは降水量が梅雨、台風時期と重なるため、気象災害も多く見られます。この県は気候条件もあり茶とみかんの栽培が有名で、茶は全国1位、みかんは全国3位の生産高でもあります。

他の農業生産物では野菜やいちご、柑橘などの果樹、花卉などがあります。またイチゴ狩り、みかん狩り、茶摘などの観光にもなっています。水産業は遠州灘、相模灘、駿河湾があるためこの県は海産品に恵まれています。この県で新築の家を建てる場合人気の地域は三島市、浜松市、静岡市となっています。東海道沿線が交通の便も良いことから家を新築する場合人気のようです。また新築の建売物件が多くあるのもこの地域のようです。