中古マンションは価格が安い

ホームへ戻る > 中古マンションは価格が安い

高級住宅が並ぶ住宅街のセキュリティ
転勤先の長野で家探し
高級住宅街のシラカベーゼ
農業の盛んな観光名所で建てる家
日本三景のある地域に住む

中古マンションは価格が安い中古マンションの魅力は、何と言っても価格の安さです。安いからといって強度や構造に差があるわけではありません。むしろ、新築マンションの価格が異常に高いだけなのです。その理由は、新築マンションの売り出し時に掛る、多大な広告費やモデルルーム建設費、売り出し費用などの経費が上乗せされているからです。


新築マンションは、完成したときの価値が一番高いのですが、その価値は年々下がっていきます。10年も経てば当初の価格の約半分近くになっている場合もあります。

つまり、「建物本来の価値」に対して代金を支払っているのでは無く、「新しさ」 にお金を払うというわけです。


中古マンションの評価は、構造や管理状態をあまり考慮されず、築年数で評価されます。そう考えると、構造も管理状態もしっかりしている20年前のマンションの方が、圧倒的に安くてお買い得ということです。リフォーム費用を足しても、新築マンションを買うよりも安くつきます。